おまとめローン 任意整理

おまとめローンで任意整理

おまとめローン

おまとめローンをご存知ですか?

複数の金融会社から借りた借金を、1社にまとめて1本化することで返済がわかりやすくなるというものです。
例えば、A社から50万円、B社から50万円、C社から50万円ずつあった借金をD社に150万円借り入れてA〜C社には一括返済するというものです。これで何度も返済日があったものが毎月1回になるので、借金の残りがわかりやすくなるのです。

 

しかも、借りた額が多いほど金利は小さくなるというメリットもあります。
一見すると、借金がわかりやすくなって金利も小さくなって良いことだらけに見えますね。
しかし、実際は手間をかけた割に借金は全く減っていないのです。
このまま返済できそうな方は、おまとめローンで問題ありません。

 

しかし一方で、多くの方がA〜C社の借金を完済したことに安心して新たに借金をしてしまうのです。減らしたはずの借金が増えるという悪循環に陥る人が少なくありません。

 

借金の減額方法には、債務整理というものがあります。
債務整理は話し合いで借金を減額するもので、弁護士や司法書士に依頼して行う人が多いです。おまとめローンと何が違うかというと、借金の額が減るという点です。

 

しかし、債務整理をすると信用情報機関に登録されるため5〜10年は新たな借り入れが出来ません。考えようによっては借金を増やすチャンスをつぶされるわけですから、意志が弱く借金をしてしまう方には債務整理で借金を減額するのも悪くないかもしれません。

 

おまとめローンと債務整理、似ているけれど全然別の方法です。どちらを行うかはその人の借金の総額や性格などで判断しましょう。

トップページ > 借金返済が終わらないなら、この方法があります